2009年03月29日

領収書の整理

また、月末が来てしまいましたねぇ。

たまってしまった領収書やいろんな書類に追いまくられる私にとって、月末は忙しい。

領収書の整理をして、そして1か月分をパソコンに打ち込む。

領収書に書かれてある金額を打ち込む作業は目が疲れます。

以前から「会計ソフトを使うと便利だょ」と仕事仲間から会計ソフトを勧められていたんです。

便利なことは分かっているんだけれど、やっぱり、パソコンは苦手で、「来年から会計ソフトを使うわぁ〜」と毎年先送りしていたのですが、今年から会計ソフトを使うことにしました。

領収書の書式や領収書の様式や領収書のひな形はいろいろあるように領収書の明細もいろいろですね。

あらぁこんなものも仕事で使った領収書だったかしら?

そうだ、今月amazonで本を買った時の領収書はどこだ?

ぁぁこれこれ・・・。

スイカの領収書や新幹線の領収書は毎月必ずあるなぁ・・・。

いろんな思いで領収書を整理する自分が何故か面白いなぁなどとひそかに思いながら、そのことだけに集中して作業していました。

仕事関係の領収書や書類の中から仕事には関係のない1枚のレシートが紛れ込んでいるのを見つけました。

レシートの明細を見ると…
ねりゴム113円、浸透いろは印220円、AN-03長2100円、日本画・水墨画472円、絵てがみ始めまし252円、合計3157円という3/22のレシートです。

慌てました、今日は9時から絵手紙の教室に行く日だったのをすっかり忘れてしまっていました。

時計の時刻は11:43で・し・た。

ということで今日は絵手紙を描けずじまいで・し・た。

タグ:領収書
posted by きらっと at 21:54| Comment(0) | 領収書の整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

領収書の整理

領収書の整理は大の苦手な私ですが、2008年度の領収書の整理がすべて終わりました。

自分の仕事の1年分の試算表もできました。

ここまでくれば確定申告時には楽勝ですねわーい(嬉しい顔)

自分の仕事の分の領収書整理やその他書類も整理が終わって今日はほっとしています。

3連休の2日目の夜も頭の芯までが身にしみる夜になってきました・・・というラジオの声を聞きながら今、「領収書ください」の日記を書いています。

自分の仕事以外の領収書である医療費の領収書も家族の全員の分を整理して個人別に分けホッチキスで綴じて計算しておきました。

医療費控除申告の明細書を書くときには人別に分けて書くのが基本ですので領収書を人別に分けて計算しておくと便利です。

医療費は家族合わせて10万円以上なら確定申告を…。

医療費控除は、家族の分を合わせてですから、仕送りをしている大学生の子どもの分や仕送りしているご両親の分の医療費も当てはまりますょ。

もちろん領収書がなければアウトです。

我が家でもこれで失敗をしたことがあります。

日頃からお子さんにも領収書を保存しておくことをお話ししておくと良いです。

それから10万円以下でも年収によっては医療費控除申告ができるようですので税務署に問い合わせてみるのも方法かも…。

申告書は国税庁のホームページからダウンロードしたり、税務署で郵送してもらうことが出来ますね。

源泉徴収票、医療費の領収書、レシートもOK、印鑑、保険金をもらった時はその証明書、戻ってくる金額の振込銀行の口座番号を揃えて おきましょう。

気をつけること…・

医療費控除は実際に医療費を支払った人が申告しますが家族単位でできるものなので、戻ってくる税金のことを考えると税率が高い人の方が多く戻る場合がほとんどなので…つまり年収の多い人が申告した方が良いです。

共働きの方もやはり年収の多い方が医療費控除申告をするということです。

タグ:領収書
posted by きらっと at 21:17| Comment(0) | 領収書の整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

医療費として認められる領収書part3.

医療費として認められる領収書について歯科、眼科の医療費について書きましたが、今日は妊娠、出産についての医療費について書いてみようと思います。

今日はまたまた寒い日ですねぇ。

風邪をひいてしまったんですが近くの病院はお休みなんですょ。

とりあえず近所のドラックストアに出かけて行って風邪薬を買いました。

ドラックストアで買った風邪薬は医療費として認められますね。

風邪薬を買った時にいただく領収書は大切です。

胃腸薬、傷薬、頭痛薬の領収書も認められます。

下痢止めもOKです。つまり、治療目的に使用した薬は認められます。

漢方薬、ビタミン剤、ドリンク剤、鼻炎用のマスク、熱さましシートは認められないです。

松葉づえは医師の指示であれば認められます。これは以前母が松葉づえを使ったときにOKでした。

補聴器も医師の指示なら大丈夫ですね。

車の酔い止め薬は認められません。

それでは、妊娠、出産のための検査費用や入院費用などはどうでしょうか?

定期健診、検査費用、通院費、妊婦さんや新生児さんの保険指導料、出産・入院費、通院した時の交通費などは医療費の対象になります。

出産の入退院に利用したタクシー代もOKですね、しっかり領収書を頂いておいてくださいね。

病院に入院中の食事は病院で出るものを食べるなら医療費の対象となります。

出前を取って食べたり外食したりしたのは認められません。

タグ:領収書
posted by きらっと at 17:07| Comment(0) | 領収書いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

医療費として認められる領収書part2.

前回、医療費として認められる領収書part1.を書いてみましたが、今日はその続きを書くことにします・・・・。

前回は虫歯の治療、保険が利かない高い材料による歯の治療やかみ合わせを治すための歯列矯正、歯槽膿漏の治療は医療費として認められるというものでしたね。

歯の治療も結構お金がかかりますね。

私も現在かみ合わせを治すための歯列矯正を継続中ですが、毎回の治療費は結構な金額になります。

歯医者さんの待合室でのこと・・・・。
歯槽膿漏を治療されているという中年の男性のお話です・・・。
予期せぬ出費なので歯科ローンを組むというのです。

歯槽膿漏の治療ために歯科ローンを組める時代なんですねぇ。わーい(嬉しい顔)

歯科ローンはローン契約のときに全額を支払ったとして全額医療費の対象になります。

さて、私は眼科にもよく行っています。

目の治療費、眼科医の指示で買った治療のためのメガネ代は、医療費として認められます。

視力を矯正するためのメガネやコンタクトレンズ、そしてコンタクトレンズの洗浄液 、メガネを買うための検査費用は医療費として認められません。

では、病気になってしまって、入院した場合はどうでしょうか?またいろいろ調べてみたいと思います。続きはまた・・・。

タグ:領収書
posted by きらっと at 15:43| Comment(0) | 領収書いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする